CHECK

在宅勤務時代に必須!クラウドPBXの役立つ豆知識や基本情報を紹介!

当サイトは在宅勤務時代に必須ともいわれる、クラウドPBXの役立つ豆知識や基本情報を紹介しています。
リモートワークを便利にするとともに、業務の効率化やコスト削減を図りたい場合におすすめです。
またクラウドのPBX導入によってもたらされるメリットやデメリットにも触れているサイトです。

在宅勤務時代に必須!クラウドPBXの役立つ豆知識や基本情報を紹介!

在宅勤務が推進される今の時代に求められている、クラウドPBXの導入を検討している人は多いのではないでしょうか。
クラウドPBXはインターネットに接続していれば使用できるPBXで、自社で設置せずともサービスを利用することで機能を活用することができるのが魅力です。
スマートフォンを内線化することができ、コストを削減できます。
オプションを利用すれば、自動録音やIVR機能などを導入したりすることも可能であることが多いです。

テレワークやリモートワークに便利と言われるクラウドPBXとは一体どういうものか?

クラウドPBXは、インターネット上で利用できる電話交換のサービスの事です。
クラウドからインターネットを通して、様々な拠点に電話を繋ぐことができますのでテレワークにも有効活用できるメリットが存在します。
例えば、従来までの電話交換機は外部から入電した時に社内で繋ぐことができたメリットが確かにありました。
しかし、あくまでも社内でシステムを構築しておかなくてはいけなかったので、担当者がそこにいなかった場合には現実的に電話に繋ぐことができないという問題点も存在します。
クラウドPBXは、こういった問題点を改善するためにクラウドを利用したシステムを採用しています。
クラウドは、アクセス権限があるユーザーであるのならば誰もが利用できるものなので、場所と問いません。
自宅でクラウドにアクセスできる状態にしておけば、そこに連絡を繋ぐことができるため非常に便利です。
リモートワークで重宝されるのも、社内にいる必要がなく遠隔地でも同様に業務ができるからです。

企業経営者必見!クラウドPBX導入における初期コストや工事について

クラウドPBXは、平均して初期コストで1万円から5万円程度で利用できるものです。
従来までのPBXと比較しても非常に安くなっていますので、企業にとっても導入しやすいサービスであるといえます。
これだけ初期コストを安く抑えることができるのが、それまでのPBXに必要だった回線工事などのコストを求められることがないからです。
クラウドPBXでは、インターネット回線を利用することによって成り立っているものなので回線取得の料金やサーバーの登録料金が必要になります。
ただ、それだけ準備すれば問題ない現状なので、他の部分で大きなコストがかからないようになっています。
メリットなのが、企業単位で導入するときでもこれだけ低コストで利用できる点です。
社内で利用できるネット回線を保有しておけば、後はクラウドにアクセスできるようにしておくことでいつでも自由に利用できます。
社外からアクセスしたい場合も、ブラウザを設定して端末を連携させるだけで工事は必要になりません。

クラウドPBXで備えておきたい通話以外の機能とは?

企業がクラウドPBXの通話以外で備えておきたい機能として挙げられるのは、UC機能です。
UCは通話だけでなく電子メールやチャット、WEB会議といった通信手段に対応しています。
幅広い通信手段の中から最適なものを選択して複合的に使い分けることで、円滑なコミュニケーションを促進させるためのものです。
導入によって導入費用及び維持費の削減や業務の効率化というメリットが得られます。
さらに、整った通信環境は、テレワークなどの場所にとらわれない多様な働き方に対する支援にもつながるでしょう。
クラウドPBXのUCを導入すると、社員間の在籍確認や顧客及び社員の情報の一元管理などのサービスを利用することが出来ます。
また、インターネット回線を利用しているクラウドPBXでは映像またはテキストを用いたコミュニケーションが実現するため、離れた場所でも容易にコンタクトがとれるようになるほか、やり取りの記録を残しておくことも可能です。

クラウドPBX導入での保守管理やその手法について

クラウドPBXは、PBXやIP-PBXなどと同じ電話の交換機です。
ビジネスフォンを事業所内で活用するためには回線の振り分けや内線および外線を接続する役割でもある交換機が欠かせない、この交換機の一つがクラウドPBXになるわけです。
従来から存在するPBXと同等の機能およびサービスを、インターネット経由で利用できるサービスでもありインターネット環境がある場所ならば電話環境を構築できるメリットおよび特徴があります。
サービスを提供している会社のことをベンダーといいますが、ベンダーに申し込みをすると3日から1週間程度で利用することができる、PBX機器を事業所内に設置するようなオンプレミス型よりも保守管理が少ないので普及が進んでいるようです。
設定についてはパソコンで完了できるため、機器の搬入コストや工事費用などがかからない、サーバーはクラウド型を利用するのでベンダー側がサーバーの保守管理を行ってくれるので利用者側はそれを考える必要もないなどのメリットを持ちます。

クラウドPBXに関する情報サイト
クラウドPBXの役立つ豆知識や基本情報

当サイトは在宅勤務時代に必須ともいわれる、クラウドPBXの役立つ豆知識や基本情報を紹介しています。リモートワークを便利にするとともに、業務の効率化やコスト削減を図りたい場合におすすめです。またクラウドのPBX導入によってもたらされるメリットやデメリットにも触れているサイトです。

Search